徳富蘇峰・蘆花生家

徳富蘇峰・蘆花生家

明治・大正時代に文豪として活躍した徳富蘇峰と蘆花の生家です。
兄の徳富蘇峰は、ジャーナリスト、歴史家、思想家として活躍し、弟の徳富蘆花は「不如帰(ほととぎす)」、「自然と人生」など数々の名作を生みだした小説家です。二人は兄弟としてこの家で生まれました。

入館料 無料
開館時間 9時~16時30分
休館日 毎週月曜日(月曜日が祝祭日の場合はその翌日) 
年末年始(12月28日~1月4日)
住所 〒867-0065 水俣市浜町2-6-5
電話 0966-62-5899
URL http://toshihiro.co.jp/tokutomi/

建物の概要

徳富蘇峰・蘆花生家 はなれ

生家 はなれ

徳富蘇峰・蘆花生家は、寛政二年(1790年)、徳富家中興の祖といわれる徳富久貞(太多七)により建てられました。明治3年(1870年)、蘇峰・蘆花の父一敬(淇水)が熊本藩庁に招かれ、一家が熊本に移り住むまでの80年間徳富家はこの家に住み続けました。その後、明治22年からは西村家の商家(屋号:衣屋)として代々受け継がれました。

現在の建物は徳富家時代の3棟(主屋・蔵・はなれ)と、西村家時代の2棟(主屋・蔵)の5棟となります。坪庭は徳富家時代のものです。

中庭・2階大広間の使用について

中庭・2階大広間は研修室として使用可能です。

使用料 300円/時間

イベント情報

徳富蘇峰・蘆花生家では、「お月見会」や「蘇峰記念碑めぐり」など、様々なイベントを定期的に開催しております。

詳しくは徳富蘇峰・蘆花生家 イベント情報をご覧ください。